NFT

「超初心者向け」NFTについて解説します!NFTのはじめ方ロードマップ付き

NFTってなに?持つとどんなメリットがあるの?

NFTはただの暗号資産ではなくとてもすごい可能性を秘めたものです

今回はこの疑問に対して解説をしていきます。

ここ最近ではSNSでNFTの話題が後を絶ちません。

今も世界各地でNFTに対してさまざまなプロジェクトがたくさん」生まれています。

実際に有名どころではディスニーの会社もNFTに対して力を入れはじめているところもありありますね。

ディスニー公式サイトNFTの人材を募集

「NFTというワードを聞いたことはあるけれどどんなものかわからない」

「NFTを持つとどんなメリットがあるのかわからない」

「NFTを買ってみたいけれど買い方がわからない」

こんな悩みがある方ならなこの記事はきっと役に立ちます。

ぜひご覧ください。

NFTの購入をするためには仮想通貨が必要です。

今のうちに仮想通貨口座を作る動きをするだけでも良いですね。

この記事で解決できること

・NFTとは何か?

・NFTでどんなことができるのか

・NFTを所持することで得られるメリットは?

・初めてでもできるNFTの入手方法

NFTとは何か?

NFTとはNon-Fungible Token(非代替性トークン)の略です。

わかります。

そんなこと言われても理解しづらいと思います。

ぼく自身もこれだけじゃわかりません。

順番に解説します。

トークンとは?

まず、トークンについて解説します。

トークンとはブロックチェーン技術を使った暗号資産のことを指します。

ブロックチェーンについてはまた解説がややこしいので、ここでは改ざんが不可能に近い安全性を高める技術と考えてください。

要するにトークンはブロックチェーン技術によってデータの安全性が確立されたものです。

代替性トークンと非代替性トークン

「代替性トークン」とは替えが効くことができるトークンです。

いわゆるビットコインやイーサリアムなど仮想通貨のことを代替性トークンと呼んでいいでしょう。

ここで先ほどの非代替性トークンについて解説します。

非代替性トークンは「替えが効かない世界でただ一つのトークン」ということです。

ブロックチェーン上でID、所有者の情報などをトークンに記録しています。

そのため、同じトークンでも発行された日付、IDなどでそれぞれ識別することでNFT(非代替性トークン)となるわけです。

NFTとはブロックチェーン技術によって認められた世界でただ一つのデータ資産

イラストやアート作品だけがNFTではなく音楽なども存在する

NFTでどんなことができるのか?

ではNFTのどんなところがすごいかについて解説します。

これはぼくの中で革命でしたが、なんとNFTを利用したゲームは仮想通貨を稼ぐことができます。

つまり、ゲームで稼いだお金を現実のお金に変えることができるということです。

ブロックチェーン技術により新しい稼ぎ方が生まれる

NFTはブロックチェーン技術により世界でただ一つの存在という証明が可能です。

この技術を用いてNFTを

例えばポケモンのゲームで例えるとします。

ポケモンのゲームで捕まえたポケモンを現金で売ることは可能でしょうか?

ドラクエで伝説の剣を手に入れた時それを現金に変えることはできますか?

まず無理ですよね。

NFTのゲームではこうゆうことが可能なんです。

実例を挙げるとAxsiというゲームがあります。

このゲームはNFTのキャラを使用してゲームを遊ぶことでトークンを獲得しマネタイズすることが可能なゲームです。

もう一つの実例を挙げるとSTEPPUNというブロックチェーンゲームです。

これはスマートフォンの位置情報サービスと連携することでゲームをしている人の歩いたり走ったりする人の移動距離、時間に応じて仮想通貨を稼ぐことができるゲームです。

要するに歩いたり走ったりするだけでお金を稼ぐことができるということです。

どれくらい稼げるかというと1時間ほどSTEPPUNを使用した人で多い人は約20万円ほど稼いでいるみたいです。

これは初期投資で多くの靴のNFTを購入した人の例ですが、ただ歩いたりするだけでこの金額を稼げるのは驚きですよね。

現在もSTEPPUNは始められるので興味があれば調べてみてください。

他にもこれからたくさんのブロックチェーンのゲームがリリース予定です。

NFTは新しい職業を作るすごい技術なんです!

NFTを所持することで得られるメリットは?

儲かるだけでなくNFTは新しいコミュニティを作る手段としても利用されています。

NFTを持つことはコミュニティに参加するチケットでもある

NFTの使い道の一つにコミュニティ参加の権利があります。

ディスコードというチャットツールがあるのですが、ディスコード内で特定のNFTを所持していないと入ることができない部屋を作ることができます。

この機能を利用することで特定のNFTを所持している人にしか入ることができないコミュニティを作ることができます。

さらにNFTの特徴として売買可能だというところ。

もしも気になるコミュニティに入るためNFTを購入しても入ってみたらあまり気に入らなかった。

ということがあってもNFTを売ることで支払ったお金を取り戻すことができます。

もしかたら価値が上がって稼げてしまうなんて可能性もありますね。

コミュニティに参加するだけでなく、参加券を売買できるところが良いですね。

NFTを買うメリット

NFTの価値が上がることで資産となる

よく、NFTは資産になると言われています。

その理由はNFT非代替性トークンという特性がポイントです。

非代替性トークン(替えが効かない唯一の存在)なので世界でただ一つという点がポイントですね。

例えるとNFTを一つのアートとして捉えると想像がしやすいかもしれません。

ひまわりの絵で有名なゴッホさんの作品も今現在もたくさん偽物が出回っています。

もしもそのゴッホの絵が一瞬で見分けがつくとしたら。

本物の価値は偽物と比べ物にならないくらい上がるでしょう。

同様にNFTも誰が作ったかという情報もブロックチェーン上で管理されるため、世界でただ一つ唯一の存在として認めることができるため価値を保つことができるのです。

NFTを保持することで特典がある

こちらのNFTのイラストをご覧ください。

こちらはBored Ape Yacht Club(通称BAYC)のNFTです。

2022年3月22日にこのお猿のNFTを所持している人にAPEコインという仮想通貨がエアドロップされました。

BAYCを所持している人にはその数10000枚以上のAPEコインです。

エアドロップされた当時のAPEコインの価値は1,300円ほど。

つまり、BAYCというNFTを所持しているだけで1,300万円が貰えたというわけです。

現在BAYCのNFTは90.99ETH(約2,200万円)です。

とても高いですがいつかは手にしてみたいですね。

他にも特定のNFTを所有することで得られる恩恵はたくさんあります。

同じNFTを持つことで仲間ができる

現在のNFTの流行は同系統のNFTをたくさん販売するジェネラティブという作品が流行しています。

先ほどのBAYCもジェネラティブです。

このジェネラティブのNFTをtwitterやinstagramなどのNFTのプロフィールアイコンにすることで同じジェネラティブのNFTをアイコンにしている人同士で仲間意識が芽生えます。

私もジェネラティブのNFTをプロフィールアイコンにしています。

NFTのデメリット・注意点

NFTは暗号資産です。

まだまだ安全面ではたくさんの問題があるため最低限の知識を身につけて防御力を高めておく必要があります。

詐欺、ハッキングが多い

NFTの世界は詐欺やハッキングがたくさんあります。

実際の例を挙げると人気なNFTのディスコード内で運営の人が直接連絡をしてきます。

そしてNFTの売買を行いたいと言ってきますが実はその運営の人が詐欺師の人だったというパターンです。

基本的にディスコード内では運営側から直接連絡がいくことはありません。

他にもOpen Seaなどの有名なNFTのホームページの偽物が出ているので初めて購入するときなどは絶対に公式のtwitterから公式サイトにいくなど徹底した方がいいです。

対策としては以下のようなやり方があります。

・絶対にシークレットフレーズ(秘密鍵)は誰にも教えない
・複数のウォレットを作り資産を分散させる
・大切な仮想通貨、NFTはハードウェアウォレットに保管する

特に初めて暗号資産を触る人はシークレットフレーズを人に教えてせっかく買ったNFTや仮想通貨を盗まれてしまうパターンがよくあります。

ぜっっっっっったいに人には教えないでください。

税金対策行う必要がある

暗号資産の収入に関しては日本は雑収入あつかいになってしまいます。

結論から言うと利益20万円以上を出した場合、税金が発生するということを覚えておいてください。

NFTの取引の際はガス代(手数料)が発生します。

このガス代は経費として計上できるので、NFTをたくさん売ったり買ったりする場合はこまめに記録をつけることをおすすめします。

価値の変動が激しい

NFTは仮想通貨で取引が行われています。

例えば、1ETH=30万円の時に1ETHのNFTを購入した場合

購入したタイミングでは30万円のNFTですが、もしも1ETH=20万円に価値が下がればそのNFTの価値も20万円になってしまう。

というわけです。

仮想通貨は価値の変動が激しいということを理解した上でNFTを保有する余裕が必要です。

日本のNFTの期待値はとても高い

日本のデザインは世界でトップクラス

ぼくは日本のアニメやマンガは世界に対してトップクラスで戦えるものだと確信しています。

実際にONE PIECEやNARUTO、鬼滅の刃など日本のアニメやマンガは世界中で愛される存在となり日本が作るクリエイティブな作品は常に世界に注目されています。

つまり、NFTにおいてもアート、イラストなどのNFTにおいては世界に対して充分に戦えるというわけです。

事実、草野恵美さんが作った新星ギャルバースというNFTは世界で一位になった実績があります。

日本のNFTは世界で一位になれるんです。

まだ日本国内のNFT市場が盛り上がっているところはほんの一部です。

もしもNFTが日本でも普通に購入したり身近な存在となったとき、日本のNFT市場は世界でもトップクラスになるでしょう。

国内の注目NFTプロジェクト

日本国内でもたくさんのNFTプロジェクトがあります。

その中でもぼく個人が選ぶ日本のNFTプロジェクトをご紹介します。

Crypt Ninja

Crypt Ninjaはインフルエンサーのイケハヤさん、デザイナーのリツさんが立ち上げたNFTプロジェクトです。

忍者のイラストが描かれているNFTです。

Crypt Ninja 公式サイト

Crypt Ninja のページ

Crypt Ninja のNFTにはジェネラティブのNFTがあります。

Crypt Ninja Partner(CNP)です。

Crypt Ninja Partnerのページ

2022年5月15日に発売した2時間後、なんと22,222枚が完売!!

速いスピードで完売したこともすごいですが、価値の向上にもびっくりです!

完売した10日後、なんと元々0.001ETHだったNFTが現在最低価格が0.1ETHで取引されています。

日本円に直すと約300円が30,000円で取引されています!

つまり価格が約100倍まで上がりました!

これは日本国内を代表するNFTとして間違い無いでしょう。

Love Addicted Girls

Love Addicted Girls(LAG)

LAG公式サイト

こちらはカワイイ女の子のイラストのNFTです。

LAGのOpen Seaのページはこちら

LAGは日本で初めてのジェネラティブNFTとして成功したNFTです。

Neo Tokyo Punks

Neo Tokyo Punks(NTP)とはクリエイターのNICOさんが手がけている作品です。

NTP公式サイト

サイバーパンクをテーマにかっこいい男性や女性のイラストが特徴のNFTです。

こちらのNFTもパブリックセールが開始した2分で2,222体が完売しました。

現在は最低価格は0.4ETHです。

NTPのOpen Seaはこちら

初めてでもできるNFTの始め方

NFTの購入手順は以下の通りです。

NFT購入手順

『手順1』仮想通貨を手に入れる

『手順2』仮想通貨をメタマスクに送金する

『手順3』NFTを購入する

今回はイーサリアムを使用したNFTの購入手順をご紹介します。

事前準備

事前準備として以下の2つが必要です。

NFT購入事前準備

・仮想通貨取引所口座(Coincheck)

・ウォレット(メタマスク)

NFTを手に入れるために仮想通貨と取引所の口座が必要です。

Coincheckだとサクッと口座が作れるのでおすすめです。

3年連続 アプリダウンロード数No.1

Coincheckの口座を作る

※Coincheck公式サイトに行きます

ウォレットとは暗号資産の財布のことを指します。

メタマスクが一番人気なのでこちらでダウンロードしておくといいです。

メタマスクをインストールする

『手順1』仮想通貨を手に入れる

まずは仮想通貨を手に入れましょう。

NFTを購入するために必要な仮想通貨はイーサリアム(ETH)です。

ETHはCoincheckやbitFlyerで購入することができるので口座を開設したら現金を入金してETHを準備しましょう。

『手順2』仮想通貨をメタマスクに送金する

メタマスクへETHを送金します。

今回はCoincheckからメタマスクへETHを送金します。

メタマスクのアドレスをCoincheckのETHの送金アドレスに登録します。

Coincheckの宛先を追加する項目からメタマスクのアドレスを登録しましょう。

ラベルは自分のメモみたいなものなのでメタマスクなどで登録しておくと良いですね。

宛先に自分のメタマスクのアドレスを入力します。

この時、アドレスを間違えると送金したETHは取り戻すことはできません。

コピーペーストで間違いをなくしてアドレスを登録しておきましょう。

宛先を登録したらETHを送金すればメタマスクへETHが届きます。

場合により送金が完了するまでに時間がかかることがあるのでドキドキしながら待ちましょう。

『手順3』NFTを購入する

メタマスクにETHが着金したらあとは購入するだけです!

NFTの購入はOpen SeaというNFT購入サイトがメジャーです。

注意点として必ず公式のTwitterなどからサイトに飛ぶことをオススメします。

普通に検索をかけるとニセモノの詐欺サイトがいっぱいあるので注意です。

こちらは公式サイトなのでこちらからもどうぞ

Open Sea公式サイト

最後に

NFTはあくまで暗号資産。

投資対象です。

買えば必ず利益を出せたりするものではありません。

ただ新しい技術を今のうちに触れておくことは大事です。

気になったら即行動して先行者の特権を取りに行きましょう。

おしまい

-NFT